ホーム   ▼ブログ   ▼フォーラム   ▼リンク集
アクセスカウンター
2014/07/30:182/331
2014/07/29:985/2391

2014/06/30より17483/77513
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
RSS配信
メイン
   レッツノート(AX/B/J/F/S/N/R/T/W/Y)
     CF-R6MWVAJP(マイレッツモデル)にUbuntu 12.04 LTS
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
biscosti
投稿日時: 2012-8-11 11:36
常連
登録日: 2007-3-20
居住地: 北東北
投稿: 20
CF-R6MWVAJP(マイレッツモデル)にUbuntu 12.04 LTS
購入時の内蔵HDD 120GBが逝ってしまい、とある理由で余っていたHDD 160GBに換装しました。
各方面で話題を振りまいているVistaを再インストールする気にはなれず、Win7のCF-SX2とWinXPのCF-W4Gがあるので仕事上のバックアップ体制は十分と考え、お遊びPCとしてUbuntuを入れることにしました。Linuxは素人、初挑戦です。

外付け光学ドライブなど持っていませんが”1GBのUSBメモリ(BUFFALO RUF-C/U2)1本”でインストできちゃいました。便利な世の中になったものだ…。

CF-SX2で、フリーソフトUNetbootinを使って上記のUSBメモリにUbuntu日本語 Remix CDを入れ、起動ディスクをこのUSBメモリにして起動するだけでした。(この方法にたどり着くために20時間を要したのはナイショです)

パーティションは切らずにUbuntu単独としました。
o-saito
投稿日時: 2012-8-13 14:05
長老
登録日: 2007-3-14
居住地:
投稿: 171
Re: CF-R6MWVAJP(マイレッツモデル)にUbuntu 12.04 LTS
ふむふむ、CoreDuo U2400の R6 にはUbuntu12.04がインストール出来たんですね...
貴重な情報ありがとうございます。

...といいますのが、私のCF-R3ではUbuntu12.04のインストーラが動いてくれません。
理由を調べてみると、次のような事が分かりました。
「インストーラのカーネルが "PAE" 非対応のハードウェアに対応しない」
 ※参考サイト:http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201203/09
私が確認したところでは、CentOS-6 もPAE対応が必須、Debian6.0はPAE対応が不要でした。

PAEは「Physical Address Extension」の頭文字で「物理アドレス拡張」と訳されます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1125paeon/paeon.html

大雑把には、Pentium-M世代は非対応、Core世代は対応、じゃないかと思いますが、
はっきりしたボーダーラインは、現在調査中です。

ちなみに、Ubuntuに関してはPAE非対応マシンでも次のようにして最新版にできます。
 (1)旧バージョン(11.10、11.04、10.04あたり)をインストール
   旧バージョンはこちら:http://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix-cd
 (2)その後、アップグレードで最新版にする

このスレッドをご覧になってLinux導入をお考えの方、Pentium-M搭載機はまず引っかかると
思いますのでご注意を。

こちらが、R3のUbuntu 11.10を12.04にアップグレードしている途中のスナップショットです。
(画像左下のターミナルは、アップ前のバージョンを表示させるために使っているだけです)
o-saito
投稿日時: 2012-10-14 14:22
長老
登録日: 2007-3-14
居住地:
投稿: 171
Re: CF-R6MWVAJP(マイレッツモデル)にUbuntu 12.04 LTS:LXDE のススメ
Ubuntu に引っ掛けて、重い/軽い ネタを一つ...
Ubuntuをはじめ、最近のLinuxはGUI(Graphical User Interface)の充実に伴い重くなる一方です。

Ubuntuの場合はデスクトップ環境の「Unity」ってのが重たいんですね。
これを「Knoppix」で有名な「LXDE」に変更するとかなり快適になるという事例がよくネットで見られます。
自身も試してみると、結構快適なので簡単に手順を紹介します。
ちなみに、LXDEは「Lightweight X11 Desktop Environment」の頭文字で「軽量 X11 デスクトップ環境」。

まずは、LXDEのインストール。
「Ubuntuソフトウェアセンター」で、検索のテキストボックスに「LXDE」と入力すればすぐ入ります。


インストールが済んだら、ログアウトし、この画像の矢印をクリック。


利用可能なデスクトップ環境のリストが表示されるので「LXDE」を選択。
上の画面に戻るので、パスワードを入力して再度ログイン。


「どこかで見た事のあるような...」デスクトップになりました。


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
フォーラムでの最近の投稿
FPANAPC新着

(PR)

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.